マタニティフォト

こんにちは!

実は2児のお父さんこと、現場監督の緒方です。

我が家では「1年に1回は旅行に行こう」と

公約を立てているのですが、今年は9月に3連休を頂きまして、

和歌山県は白浜町に旅行に行きました。

いろいろと思い出話はあるのですが、

今回は「マタニティフォト」について書かせて頂こうと思います。

撮影したのは、旅行の最終日、

初日、2日目は某有名施設で楽しんだため、

「せっかくだから白浜(海)に行こう」と妻の提案があり、

ホテルのチェックアウトを済ませ、向かいました。

1年前の対馬旅行では海を怖がっていた息子のいとらも

白浜の海では、波打ち際でキャッキャしており、

気が付けば、最終日コーデのズボンが真っ白になっていました。

(白浜は砂が白いので余り汚れた感が無かったです。)

ズボンの砂が良い感じに乾き始めた頃、

妻が「マタニティフォト撮ろう」と言いだし、

僕は「これがここに来た目的だったのね」と気が付き

手際よく撮影会が始まりました。

妻が撮りたいイメージを見るに、

少し大変な撮影になるかな、と思っていたのですが

その1枚は突然にやって来ました。

めっちゃ良い写真じゃないですか?(笑)

人は写ってしまっていますが、構成も良い感じで

なにより2人のお気に入りポイントは、

こっち見てるんですね。

これがオモシロ過ぎて満場一致で採用となりました。(2分の2)

前回は2人だけで、しかも写真館で撮ってもらったので

終始恥ずかしがって撮影を終えたのですが、

今回はまさかの子供のセンス(?)によって

撮影する事が出来、大満足のマタニティフォトとなりました。

家族が増えるって、良いですね。

ポエミー緒方がお届けしました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。