だめではない。アメリカの正解みたいな物

こんにちは。

大工のひらおです。

今日は現場での写真からお話をします。

まずどこの写真か説明するとフローリングと床養生の写真です。

今回説明したいのはピンクの✖︎

この✖︎はフローリングが傷付いている、問題があるとかではなく。。

壁を後ろに(見えなくなっていますが…)

電線、水道、ガスが通っているので巾木を施工するときに釘を打ってはダメという意味の✖︎なのです。

こうして説明を聞かないと

え?なにかダメな事があるの?って思われるかもしれませんが安心してくださいね。

様々な印を現場に付けますが

⭕️とするとお客様からは安心されそうです。

✅とか/ も多いですが担当して頂いている方にしかわからない事もいっぱいありそうです。

以上絶好調のひらおでした

2025年 大阪万博

こんにちは。

なかなか外出することに抵抗を感じてしまっているのですが、

相変わらず、飲みに行くことにはフットワーク軽めの

プランナーの片山です。

先日、大阪万博のデザインプロデューサーである建築家の藤本壮介さんの

平沼孝啓さんの事務所で行われたトークイベントに参加してきました。

2年程前に、すごくいい刺激になるよと、教えていただき、

『217』という様々な建築家の先生がそれぞれの回で登壇されて

モデレーターの芹沢さん、平沼さんとで色々な話が聞ける、

建築レクチャーを聞きに行っているのですが、

その中でも、藤本壮介さんの回の”大阪万博のデザイン構想や関連話”は、

個人的にとても楽しみにしていたのですが、

他の話が膨らみすぎて時間がオーバーしてしまって聞けない!

ということが、まさかの2回連続で聞けず、ずっとお預け状態でした。

なので、今回、大阪万博のお話が絶対聞けるよ!という事で

非常にワクワクして参加してきました!

大阪万博のデザインを引き受けてから、どういうイメージでプランしていったかなどの

途中経過のスケッチや、会社でのエピソードなども盛り沢山で、すごく刺激的でした。

その中でも、私が一番意外でいい話だなと感じたのが、

全然誰かもわからない方が、

”前回の大阪万博で、太陽の塔(シンボル)が円形の天井から頭が出ていて、今回の万博の形状は円形で大きく天井が空いているので、前回とのつながりを感じる”

的なことをコメントされている方がいて、実際は前回のシンボルとかを特に意識しているわけではないけど、後付けにはなるけど、いいなと思うので、その考えも採用して、

最近では今回のデザインは、前回は未来を見えているのは、シンボルの塔だけだったけど、今回はみんなで同じ空を見上げる(見る)ことができる空間として、説明ができるようになりました。

と、意見を取り入れてるのを聞いて、すごく素敵なプレゼンテーションだなと感心しました。

(話し方に若干の違いがあるかもしれません。。。すみません。。)

あと2年で大阪万博なので、これからまだまだ情報解禁される内容とかも増えてくると思うので

楽しみにしたいと思います。

ちなみに、『217』での次回の藤本壮介さんの回は結構先ですが10/20です。

次こそ大阪万博のお話を!とおっしゃっていたので、ご興味ある方は是非。

刺激

こんにちは。

新築設計の冨脇です。

 

前投稿と内容被りますが、、笑

今年の1月からリノベーション設計部から新築設計部へ異動となりました。

さらにスキルアップできるように一生懸命、楽しみながら頑張っていきます!

引き続き宜しくお願いいたします。

 

 

 

さて、タイトルの刺激についてですが、

去年の年末に久しぶりに専門学生の時の同級生たちと忘年会をしました!

中には卒業以来会ってない友達も居てて、楽しみ半分ドキドキ半分の気持ちで待ち合わせ場所で待っていると。。

 

全然変わってなくて、一気に学生の時の思い出が蘇ってきて嬉しかったです。

 

見た目は変わってなかったですが、話をしてみると社会人4年目やな~~っていう

会話が出来てさらに嬉しかったです。

というと、建築用語が会話の中で自然に出てきたり、みんな後輩が出来てたり、

責任のある仕事を任されていたりと。4年目やな~~ってみんなで盛り上がりました!

住宅業界以外にもビルを作っているゼネコンだったり、職人さんになっていたりと

住宅設計では体験できないようなことをみんな経験していて、とても刺激になりました。

負けてられないなと。

 

冒頭でもあった通り、今年から部署が変わり新しいことをどんどん吸収していきたいと思います。

 

 

話は変わりまして、、

もう一つ刺激になることがありまして、

結構前にUPされていたみたいですが、NetflixでKing Gnuの常田大希さんのドキュメンタリーを視聴しました。

1曲を生み出すのに色々試行錯誤しており、やっと完成したものを敢えて崩しにかかったり、

クレイジーさが見ていて気持ち良いです。

業種は違えどこだわりを持って仕事をしている点が共通しているな~と。

これまた刺激になりました。

気になる方はぜひ!

 

読書

こんにちは。

不動産事業部の清水です。

今年1月からリノベーション部から不動産事業部に異動となりました。

現場で学んだことを活かして、当部署でも精一杯頑張ります。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

ここ数か月、読書の秋を通り越して読書の冬かと思うくらい読書熱が加熱してます。

ビジネス書、小説、エッセイ、漫画と結構雑多に読むのですが

最近特に面白かった本を1冊ご紹介したいと思います。

タイトルが「喜嶋先生の静かな世界」という本です。

あらすじです。

「大学4年のとき卒論のために配属された喜嶋研究室での出会いが、僕のその後の人生を大きく変えていく。寝食を忘れるほど没頭した研究、初めての恋、珠玉の喜嶋語録の数々。学問の深遠さと研究の純粋さを描いて、読む者に深く静かな感動を呼ぶ自伝的小説。」

あらすじだけを読むと硬そうというか、そういった印象を受けるかもしれませんが

本当に面白いです。すぐに読み終わってしまいました。

一つのことにひたすらに没頭することのすばらしさ・尊さがすごく共感できるし、尊敬出来ます。

研究者かっこい!ってなります、たぶん。笑

これは定期的に読み返したいなと思える名作でした。

皆さんのおすすめの本はありますか?

ぜひ教えてください!僕もまた機会があれば紹介したいと思います。

それではまた!

まだまだ寒さが続きますが!

久しぶりの登場です。メンテナンスの前川です。

先日、以前から気になっていた焼肉屋さんに行ってきました。

入口は黒毛和牛を全面的に押しているイメージでした。

高いのかなぁ~と前を通るたびに思っていました。

焼肉ゆたか’’ 池田市井口堂1丁目13-10 072-762-7389

https://g.co/kgs/1ctkoq

本日はいざ出陣!!

2人で入るとテーブルに案内され席に座るとまるで回転ずしの雰囲気

その時点で終わったと思いました。・・・・(´;ω;`)ウッ…

システムを教えて頂きタッチパネルで注文開始、回転ずしのようにレーンで

お肉が運ばれてきます。

まず思ったのは・・・・・Σ(・□・;)

安い!

メニューも豊富でファミリー層をターゲットとの内容に感じました。

味はお肉は柔らかくおいしかったです。

ランチがとってもお得らしいです。(11:00~16:00)

残念なことは焼肉のたれの味がうまみ幅が薄かったのでコチュジャンを入れ

あと、備え付けの岩塩で頂きました。タレ持参がおすすめかも?

今度はタレ持参で行こうと思います。

まだまだ寒い日々が続きますが皆さんお体、ご自愛ください。

では、またの機会に・・・・・。

今回は美味しいスイーツをご紹介します!

営業の真鍋です。

前回は美味しいお寿司をご紹介しましたが

今回は美味しいケーキと豆大福をご紹介します。

まずは【ざぶとんモンブラン】と言うケーキを紹介します。

このケーキは今話題でバレンタインのイベントにも

よく出ているお店で【Masahiko Ozumi Paris 】です。

次のご紹介するのが豆大福の京都にある【出町ふたば】さん

なんと食べログ3.82の高評価店です。

餡子と黒豆の甘さのバランスが抜群です。。。。

又何か機会があれば食べてみて下さいね!

第2子の名は。

こんにちは!

住んでいるマンションが大規模改修工事を行っており、

手違いでエアコンの配管が出来ずに、

先日の「最強の大寒波」をエアコン無しで乗り切りました。

コタツが居室の現場監督こと、緒方です。

さて。

産まれましたよ。

2人目の男の子が!

以前のブログでも書かせて頂いたかもしれませんが、

2人目の名前の由来について、少し書かせて頂ければと思います。

今回は命名にあたって、あらかじめ

僕と妻の2人それぞれで「使いたい漢字」やそこに込めた想いを

用意する事から始めました。

そして来る「第二回 名付け親選手権」、場所は和歌山県白浜。

そうです、1つ前のブログで上げた和歌山旅行は、

第2子の名前を決める旅でもあったんです。

まず僕の持ってきた案が、

2人の出会いの場である一風堂。その名前の由来である、

”ラーメン業界の一陣の風となる”から頂戴して

「陣」「風」を候補に挙げました。

やっぱり第一子に続き、僕たちの関係や共通点、思い出などを

名前に込めたかったんですね(笑)

次に妻が用意してきた案が、

”自由”や”個性”をイメージして、

「風」「颯」「彩」「志」の4候補でした。

これで出揃ったかと思ったら、

妻の両親からも案が挙がっていました。

こちらは漢字と言うよりは音の響きで選定されており、

「ヒロ」「OOト」「OOタ」が上がっていました。

漢字を選んだあとは音の選定に入るので、

そこでの参考になりそうです。

そうして初っ端から、かなり風呂敷を広げてしまった

第二回名付け親選手権ですが、ここから唯一無二の名前を考えないといけません。

僕たちはまず、候補の絞り込みに入りました。

まず満場一致で確定候補に挙がったのは「風」

たまたまですが、2人の挙げた候補が被り、それでいて

2人が2通りの意味を見出している。それはつまり、

それだけその漢字には、僕たち2人の思いを乗せる事が出来る、と思ったからです。

もう一つ確定候補に残った漢字が「志」

妻の推し候補だったのですが、僕の中でも

志がついた名前カッコいいなと思ったからです。

そんなこんなで次は出揃った確定候補を基に、

音の選定に入りました。

ここで妻の両親から上げてもらっていた候補が生きてくるのですが、

「OOと」にはまる漢字の読みを調べた時に「風」と言う漢字に

「カザ」という読み方がある事に気付きました。

風車かざぐるま、ですね。

「OOと」と「カザ」をドッキング!

『 カザト 』!!!

ドーーン!!!!

正直僕の中ではこの時点で、決まっていたんだと思います。

買い物に行っても、最初に良いなと思った商品があると、

その後にどれだけ候補が増えても、

結局は最初に気に入った商品を買っている気がします。

しかし妻の中では、音の響きは気にいってるものの、

風を「カザ」と読むことに少し違和感がある様子。

そんなあと一声の状況で「カザト」の漢字充ての作業に入ります。

「風(カザ)」は決まっていたので、「ト」の漢字探しです。

この段階まで来ると、トに充てる漢字は文字のかっこよさも重視しますが、

名前全体の画数も気になってきます。

約3年ぶりに姓名診断サイトに訪れ、

まずはかっこいい系の漢字の画数を調べました。

「斗」「都」「兎」

どれも軒並み画数の相性が良くありませんでした。

じゃあ画数の少ない「ト」を探すか、と。

1画で「ト」と読める漢字を探したのですが、ありませんでした。

つぎに2画の漢字を探したところ「人」「十」がありました。

ふむふむ、画数の相性はかなり良いなぁ…、

・・・・!

十!?

第一子の名前にも「十」が入っているじゃありませんか!

風に十と書いて「風十(カザト)」

「めっちゃいいじゃん!」まだ一つ目の候補が出来ただけでしたが、

僕たちの中では、ほぼ決定しました。

しかし、候補の漢字、音はまだあったので

とりあえず次の名前候補を探します。

#とりあえず

そうして出揃った名前候補がこちらです。

エントリーNo.1 『風十(カザト)』

エントリーNo.2 『志陣(シノブ)』

エントリーNo.3 『彩風(アカザ)』

エントリーNo.4 『颯志(ソウジ)』

なんだか途中に鬼Oの刃の鬼の名前が紛れている事から分かる様に、

完全に消化試合でした(笑)

あれほどのベストマッチを見せられると、

もう抗う事は出来ませんでした。(?)

そうして決まった名前が「風十(カザト)」

兄の名前は「維十楽(イトラ)」

もし次の子の名前を決める時が来れば、

「十」が候補にあがる事は間違いなしです。

はい、今回も長々と書いてしまいました。

この辺で終わりたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

甘平

こんにちは、

リノベーション部 現場監督の小野です。

早いものでもう一月も終わりに近づいてきました。

2月なると楽しみは甘平が出回ってきます。

正式名称は『愛媛果試第38号』愛媛県のみで栽培されています。

シャキシャキした独特の歯応えの果肉で、名前通りとても甘いです。

甘平は愛媛県以外での栽培は種苗法で禁止されています。

罰則は、個人なら10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、

法人なら3億円以下の罰金と、とても厳しい処罰です。

それが、最近ニュースになってるのが、中国で広く栽培されてる事です。

これまで愛媛県は、数多くの中韓の視察団を受け入れ、

柑橘を栽培している園地に案内してきましたが、

その視察団の手によって、無断で枝が切り取られ、

苗木が流出したとの事です。                    

最近、中国や韓国に日本の農作物の苗木が流出し、

無断で栽培されるケースが相次いでいますが、

海外での品種登録がほとんど行われてこなかった上

昨年、種苗法改正されるまで、

種苗の海外流出を取り締まる法律すら無かった様です。

シャインマスカット・ルビーロマン・あまおう・・・、

日本で開発された高級果物が次々と海外流失してしまい、

とても残念な事だと思います。

堅い話になりましたが、甘平一度お試し下さい。

アグニマニタイトな気分

皆さー-ん。こんにちは~~٩( ”ω” )و

それにしても、10年に1度は寒かったですね~~⛄

私が住んでる川西は超絶雪が降って―5度になっていました。

もちろん、雪は積り水道管は凍り一玉転がせば雪だるまの出来上がり⛄

こんな感じ・・・

田舎ならではですよね・・・

あっワッセーこと営業部の和瀬です(。◕ˇдˇ​◕。)/

皆さんはどんな10年に1度を過ごされましたでしょうか。

今回はそこがテーマではなくスピリチュアルなところがテーマなんです(´艸`*)

ワッセーは定期的にある所に行ってパワーアップをしています。

チョコザップではないですよ・・・<(`^´)>

それが何かと申しますと・・・ジャンッッッッッッ!!!!!!!!!

アグニマニタイト!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これは隕石由来のパワーストーンなんです。

でたー-----めちゃくちゃマニアックや内科医(´∀`*)ウフフ

これが何なのかと申しますと

【覚醒に導く隕石『火の神の真珠』】と言われています。

これはインドネシアの離島で見つけられた新種のパワーストーンなんです。

このアグニマニタイトの原石の多くは吹き飛んで海中に沈んでるとされ超希少なパワーストーンなんです!(^^)!

アグニマニタイトは直感とマニフェステーション(具現化)を司ります。

直感によりアイデアが閃き、そのアイデアのスケールが広がり、実際にアクションを起こせば具現化していきます。

それは小さな芽でしかなかった可能性が具現化の花を咲かせるということです。
スピリチュアルな気づきは自身を変容させていきます。
内側にある秘められた種を発芽させ、花咲かせていく・・・まさに

パワーーーーアーーーーーップ\(゜ロ\)(/ロ゜)/・・・ですよね🍻

ワッセーはこんなのが大好きなんですぅ⤴

この話をするのに後、5時間は必要となるため今回はこの辺にしておきます。

っという事で皆さんもパワーアップされたときは教えてくださいね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
ワッセーこと和瀬でした(^o^)丿

それでは・・・バーイ👋

ドーナツ?

こんにちは!

企画推進部の萩原です。

今回は今気になっているものをご紹介したいと思います。

「イケア(IKEA)」が、オランダを拠点にするデザイナー サビーヌ・マルセリス(Sabine Marcelis) とコラボレーションした照明です!!

もうドーナツにしか見えません。

そして、私は大のドーナツ好きなので買うしかありません!!

2月1日はお休みを取ってIKEAに行きたいと思います!

(おまけ)

本日の京都おすすめスポットは照明関連でこちらのお店!

4.ARUSE(相国寺)

https://www.instagram.com/aruse_kyoto/

古今東西の照明と道具が並ぶお店。

フランスやドイツの照明がお好きな方はとても魅力的なお店ではないかと思います。。

店主さんも電球について熱く語ってくださるのでとても面白くて大好きなお店です!

気になる方はぜひ!!

(京都おすすめシリーズは連載にしようと思います!)

最後までお読みいただきありがとうございました。