かぞくこうこう

最近、0歳の息子と24歳の妻を寝かしつける事が日課になっています、

現場監督の緒方こと「1児のパパ 兼 妻専属の執事」です。

里帰り出産とコロナちゃんが重なったせいで

半年近く妻と息子とは別居していたのですが、

緊急事態宣言の解除と共に無事、大阪に帰ってくることが出来ました。

一緒に暮らしていると

「今の幸せは、本当に色んな人のおかげで辿り着けたんだな」

と、しみじみと感じます。

中でも「家族」というものは自分の想像を遥かに超えた所まで

自分の事を想ってくれていたようです。

人間という生き物はいつか終わりが来ます。

予告され、段取りを組んで、工程通り終わりを迎える事が

出来れば良いのですが、結構な確率で突然それは来ます。

だから後回しにせず、思い立ったらすぐ行動するべきなんですが

大人になるにつれて余計なことばかり考えてしまいます。

まあ基をたどれば全て照れなんですよね。

こうやって文章に起こすとほんと稚拙です。

逆に恥ずかしくなってきました。

今年こそは何か家族孝行します。

明確な日にちを定めて、

予算を確保して、

サプライズ。

今更ですが、当たり前のことをつらつらと書き並べて

もうお気づきかもしれませんが僕の家族孝行はまだスタート地点、

ひらがなレベルです。

以上、現場監督の緒方でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。