新たな仲間

お久しぶりです。

といえる程久しぶってはいない、緒方達也です。

今日は最近ハマっているゲームを紹介しようかと思っていたのですが、

昨日食べたものについてご紹介します。

 

定休日の水曜の朝、毎日繰り返しのアラームで目が覚めてしまい

カーテンを開け外を見ると、

雨空を背景に干しっぱなしの洗濯物が揺れていた。

僕はそっとカーテンを閉じ、布団へ戻った。

しかし変に外の光を浴びたせいか、2度寝に入ることができなかったので、

最近時間があればずっと見ている「龍が如く」というゲームの

イベントシーンだけを繋げたYouTubeの動画を見始めた。

2時間ほど見ていると、焼き肉屋のシーンになった。

IMG_0080

「はあ・・。何でここやねん。焼き肉屋やったらもっとええ店あるやんか。」

「・・・。」

「麻生とか六本木とか、それこそこの辺にも、」

「喋ってんとお前も食えや」

「明日からお勤め、シャバ最後の飯やっちゅうのに、

結局いつもの焼き肉屋かいな。なんかごっつ惨めになってきたわ」

「なにアホ抜かしとるんや、ほら食えや」

「何やこれ?丸コゲやないか!」

「そのホルモンと同じや、俺もお前も」

「・・・あ?」

「肉は焼き過ぎたら硬なってもて、食えたもんやない、

せやけどホルモンは違う。焼かれてこそ価値があるんや。」

「あぁ?」

「焼かれて焼かれて真っ黒なるまで焦げて、油落として味磨くんや」

「・・、おぉ旨い」

 

動画にはまだ続きがあったが、僕には十分だった。

ホルモン食べに行こう。

それだけを原動力に布団から飛び起き、1度は背いた現実

湿った洗濯物を洗濯機にかけた。待っている間に布団をたたみ、

昨日の晩御飯のあと片付けをし、2週間ぶりに洗い物をした。

そうこうしているうちに、洗濯が終わったので、部屋に干して

畳まずに転がしていた先代の洗濯物をかたずけた所で、

ぐう~っとおなかが鳴った。

部屋も奇麗になり、ここで盛大に昼ご飯と行きたい所だったが

今日はだめだ。しかたなく食パン1枚とコーヒーで難を逃れた僕は

それから冬眠するように、焼き肉屋の開店時間を待った。

濡れた路面を自転車で走り、焼き肉屋に到着した頃には

おなかが減っているのかどうかも分からなかった。

いつもの肉の焼ける匂いを嗅いだ瞬間また大きくおなかが鳴った、

ホルモン1人前。

いつもはタン塩から頼むし、ホルモンなんて普段頼まない

僕の目の前に、名刺程の大きさの油の塊が置かれた。

僕は迷わず火にさらした。

ごうごうと燃え盛る炎に焼かれ、ホルモンはどんどん小さくなり

真っ黒に焦げていった。少しかわいそうだった。

さすがに耐えれなくなり、取り上げた時には

エンターキー程の大きさになっており、端に火がついていた。

僕は恐る恐るタレで火を鎮火し、口に運んだ。

 

「おぉ、旨い」

 

 

この度も長文失礼しました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

僕の焼肉定番に新たな仲間が加わった所で、おしまいとさせて頂きます。

感染症で不安な日々が続きますが、お身体ご自愛くださいませ。

IMG_0079

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中