ひと手間からはじめる暮らし

久しぶりに朝から豆を挽いて、コーヒーを淹れました。

豆を挽いているときの音、

ペーパーに移したときに薫る珈琲豆の香り、

お湯を注いだときに豆がふくらむ瞬間。

口に入れたときのホッと落ち着く気持ち。

淹れる過程で感じる気持ちや思い。

それが心地よく感じます。

珈琲の味が好きだから、飲む。

というよりも、淹れるのが好きで飲むという気持ちも強いかもしれません。

普段はドリップパックのものを良く飲んでいます。

バタバタと過ぎていく時間の中で、手軽に飲めるのもいいですが、

ひと手間加えることで、珈琲の味に思いが加わり、より一層美味しく感じます。

あえてひと手間かけることで、自分の心にも落ち着きや余裕を持たせてくれるので、その何気ないひと手間が、大事なのだなと思います。

いつもはやらないところでひと手間加えると、暮らしにひとつ物語が生まれ、

ほんの少し豊かで、余裕をもった暮らし方ができるのでは、と思います。

そんな暮らしを目指して、明日も少し早起きして、珈琲を挽くところから、

始めたいと思います。

小林

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中