赤身が好き

こんばんは野澤です。

2階廊下の床に、スギの赤身で格子の造作。

スギの木の芯にあたる赤身の部材は、水分も少なく、白身に比べて経年変化での歪みも少なく、硬くて、見た目も綺麗です。

虫食いなども起こりにくいため、希少で価値のある赤身は、家具や構造材に使われることが多いです。

今回、建材屋に無理を言って、極力、赤身を多く納品して頂きました。

適材適所。

木造はやっぱり楽しいです。

この思い、お施主様に気付いてもらえたら嬉しいです。

ステキで粋な造作が出来ました!

ということで、今日は赤身で。

戴きます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中