パッシブデザイン⑥

こんにちは!

ひかり工務店の武本です!

 

パッシブデザインで重要な5つの項目の最後のポイントで、

日射熱利用暖房 についてお話しします。

 

あまり聞きなれない言葉だとは思いますが、

蓄熱性能を持ったもの室内空間に配置して、

日中取り込んだ日射熱を溜め込むことで、

冬期に暖房の供給源として利用して、

快適な室温にするための考えた方です。

 

ただし、地域によっては

日射熱利用暖房に向いていない地域や周辺環境があるため、

事前の検討が必要となります。

 

ポイントとして

 

①南面に窓が多く配置されており、

 間取り的に集熱できるかどうか

 

②日射量が多い地域がどうか

 

③日照シミュレーションを行い、

 周辺環境を考慮できているかどうか

 

上記の3つの検討ができていると

導入する価値はあると思います。

 

これまで話してきた

5つのポイントをうまく組み合わせることで、

それぞれの立地条件に合わせた

快適な住環境を作ることができます。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中