パッシブデザイン⑤

こんにちは!

ひかり工務店の武本です!

 

今回は 昼光利用 についてお話しします。

 

昼光利用をする目的ですが、

照明に頼らなくても昼間は過ごせるようになることで、

エネルギーを2%~10%ほど削減することです!

 

その手法には2つ方法があります。

①採光

外部より光を室内に取り込むこと。

また、多面採光をとることで、安定した光環境が得られます。

②導光

室内に取り込んだ光を奥まで届けること。

一般的な導光手法は吹き抜けで、2階より得た光を1階の空間に導くことで、

家全体が明るい家にすることができます。

 

もっとも汎用性が高いのが、

「光が通る欄間」を設けることです。

明るい部屋と暗くなる部屋の間の壁の上部に設けることで、

均一な光環境を作ることができます!

 

昼光利用というポイントにもいろいろな手法があります!

その家が建っている場所に向き不向きな手法もあり、

そこを使い分けることが設計者として楽しいところでもあり、

難しいとのところでもありますね・・・

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中